受信日記

ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・NHKウォッチャー。気づいたら社会派です。鉄道も好きです。

引きこもりの土日

休み方が難しい

「平日は8時間仕事をして、土日はやりたいことをやる。」

サラリーマンだとそのような生活を送ることが多いと思います。
ただし、実際にそれを実現するのは思ったより難しいのかもしれません。新年を迎えて早々に再認識したのですが、プライベートの充実は、平日が充実していないと、土日を楽しく過ごせない。逆に、土日に楽しく過ごせないと、平日も充実しにくいのではないかということです。(サラリーマンを始めてから1年過ぎたころから感じてますが)

平日を充実して過ごすことは、想像を超えて難しいのです。勤務時間中の充実は、(やりたくない仕事をしていなければ)おそらく容易に達成されるだろうと思います。アフター5をどう過ごせるかは、その人の社会に出るまでの過ごし方が大きな影響を与えているのではないでしょうか。

平日の夜、自己啓発をするのは難しいがそれがもっとも重要かもしれない

家庭がある人は、話し相手がいたり、
家事があったり、子供の面倒を見たりと、たくさんやることがあるので非常に難しいかもしれませんが、独身の人は、家でやれることが多いので、様々なことをやろうと思えばできるのです。

しかし、アマゾンプライムを見たり、Huluを見たりして気づいたら寝てたりするのです。

もし、もう少し頭を使う時間がほしいと思ったら、資格学習をすると良いかもしれません。どんなに不向きなことでも、毎日30分やればできないことはないと思うのです。

また、土日も家にいることがあったら、暇つぶしとして取り組むことができるのです。

土日を無駄にしないために

土日休みはとにかく遊びたくなるはず!
友人と遊んだり、パートナーとでかけたりと楽しむことで埋めることが良いですが、なにもない日が続くのであれば、勉強するのも一つの手です。

重要なのは、我慢して勉強するのではなく、何もやることがないときにするというストレスを溜めない考え方てす。

みたい番組があればそれを優先するべきでしょう。撮り溜めした番組視聴も同様です。

まとめ

ぼーっと過ごして土日を終えてしまうことに危機感を感じ、文章にまとめてみました。サラリーマン生活にとって休みの時間の使い方は非常に難しいのです。