TRIP BY TRAIN

ソフト鉄(乗る方)が書く社会派ブログです 。 時間を楽しむことが好きです。

三崎口へ

マホロバマインズ三浦

直近の2週間は、観光な週末を過ごしています。
先週は浅草止まりでしたが、今週は、東京湾の西側まで足を伸ばしました。

目的地は、マホロバマインズ三浦!
www.maholova-minds.com

最寄駅は「三浦海岸」駅ということで、京急本線を乗るにはもってこいの立地。隣が「三崎口」のため、ほぼ京急線を走破できます。

マホロバマインズ三浦は、ディナーバイキング等で有名なリゾートマンションホテルです。
私が関わっているビジネスでよく利用する人がいるため、視察を兼ねて今回は行ってみようとなったわけです。

マグロがたくさん食べられます

マホロバマインズ三浦が主目的地ですが、昼前についたので、近所を散策することにしました。京急線に乗って気づいたのは、「みさきまぐろきっぷ」。乗客が持っていたり、広告があったりと、三崎口で食べられるお魚についてキャンペーンをしているようでした。
道中で気づいた私は、ネットでそれを調べます。

そうすると非常にしっかりしたサイトがありました。
www.keikyu.co.jp


雰囲気では最高かもしれない

その中でホテルに近いお店「海わ屋」さんを選んでお邪魔しました。
tabelog.com


食べたのは、「三浦半島セット」。
海鮮丼+釜揚げしらすそばのセットです。
f:id:nkjmy-shms:20171010235354j:plain

レビューについては、この場では差し控えたいと思いますが、魚の鮮度が悪い、そばは市販のものと思われる等、雰囲気がなければツッコミどころがあるような感じでした。
たまたま混雑していて、提供時間がかかってしまったせいだと思いたいです。

行ってみてからのお楽しみ

マホロバマインズ三浦に一泊した感想を書かなければなりません。
写真の有無ですが、客室内等の写真はありません。

ぜひ現地に行って感じて欲しいと思います。
キーワードは。「バブル時代」「リゾートマンション」「食べ放題」です。
平成が始まって29年。時の流れを感じさせることは間違いありません。
大人数でワイワイやるには最高のホテルですので、カップルで行くのはあまりオススメしません。

ちょっと辛口な評価ですが、そのようなホテルだと感じました。

京急の運転席後ろの座席

帰りの電車では、品川まで先頭車両に乗って車窓を楽しむと良いかもしれません。海沿いの山間を足って、横須賀を過ぎるとどんどん街が広がります。金沢八景金沢文庫まで来るといよいよ都会のにおいがし始め、横浜は目の前となります。京急はスピードを出して走る路線でもあり、あっという間に横浜までつき、横浜から川崎までは、約120km/hのスピードで走り抜けます。

最後にそれを楽しみながら帰ることができれば、鉄道旅行としては完璧かもしれません!