TRIP BY TRAIN

ソフト鉄(乗る方)が書く社会派ブログです 。 時間を楽しむことが好きです。

読まない本など

今週のお題「カバンの中身」

高校時代

移動時間の暇つぶしのために、本を持ち歩いていることが多くなりました。
暇なときは小説を読み、勉強がてら新書を読む生活をしていました。
新書は、読みやすく頭に入りやすいため、高校生でも少し難しいことを考えるのに適していると感じました。
(大学生になったとき、ゼミや授業の必読書に岩波新書があったので、高校時代の感覚は一部間違っていたことに気づきました)

友人と遊ぶことよりも、一人で本を読んでいるのが好きな高校生でした。
土日は自室にこもって本を読んでいるような文学少年だったわけです笑

大学時代

大学生になり、一人暮らしをしてからは本を読む機会は激減し、カバンの中には財布だけになりました笑
大学の近くに住んでいて、本は図書館で読む。
もしくは学校をサボって自室で本を読む。
そもそも読む時間より、遊ぶ時間が長くなった時代です。

就活をするようになると、一丁前に新聞を読んだりしていました。
ただ、電車内で読んで駅のゴミ箱に捨てていましたが・・・。

社会人になって

就職してからは、財布と手帳です。手帳をなんとなく使っていた新人時代から、忙しくて忘れないように手帳を使うようになり、転勤して暇になって手帳を持たなくなり・・・。

今年再転勤をしてからは、iPadを持たされ、日々メールとにらめっこをしています。
ただ、それぞれの時代で必要だった、本・新聞・手帳の機能が一つにまとまりました。

今更ながらiPadは便利です。

振り返ってみると、重いカバンを持っているとはいえ、必要なものは、財布と本とiPadだけ。
なにが重かったのだろうか・・・。