TRIP BY TRAIN

ソフト鉄(乗る方)が書く社会派ブログです 。 時間を楽しむことが好きです。

鉄道経営

ここまでは、東武鉄道の経営戦略について考えてきました。
 
鉄道って生活インフラだけど、それ以上の価値があるんじゃないか?ツールとして使えるんじゃないか?ということはおそらく多くの方が納得すると思います。
 
「本物の出会い、栃木」という広告を知っているでしょうか?
 
主にJR東日本の駅に貼ってありました。JR東日本の狙いは、もちろん日光への誘客。東武としても、関東中にこの広告が出れば非常に嬉しいでしょう。
実は、この広告のおかげで栃木県も恩恵を受けているようです。毎年テレビを賑わせている、県の魅力ランキングで、栃木県だけ上がったという副次効果もありました。
 
このような効果が出るのは、鉄道会社が地域に根を張っているからです。レールは簡単に移動できないですよね!
鉄道会社の立場にしてみれば、地域の力が自分たちの力となるのかもしれません
 
私が就活をしていたとき(2012年ごろ)、「日本の人口が減少しても、別に構わない。」という大手私鉄の社員の方が言っていました。「自社の営業エリア内の人口が減らないようにすれば良い。」ということでした。
 
まさに、地域の力が鉄道会社の力になることだと思います。大手私鉄の場合は、自分たちの力で沿線開発を行い競争力をつけることができる。その結果、沿線住民は住みやすさを提供されるわけですから、ウインウインと言えそうです。