読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三つのたまご

ソフト鉄(乗る方)のゼネコンマンが書く社会派ブログです 。 三つのたまごは管理人の興味を表します。

防火管理者の資格を取った

今週のお題防災の日

 

9月1日は防災の日。今更案内はいらないが、1923年に関東大震災の発生した日である。その時の被害は尋常ならざるもので、東京は廃墟と化していた。

 

 

8月に防火管理者の資格を取得した。総務の仕事をしている私は、この資格取得が必要だ。10月には防災管理者の講習を受けてくる。

 

防火管理者・防災管理者はその名の通り、火事や災害を防ぐための計画を立てることはもちろん、発生したときに計画に則って迅速な対応をすることが求められている。

 

余談だが、旧民主党政権時代に事業仕分けで、天下りの温床という指摘を受けていたようである。その影響もあるのか、講義中スマホをいじっていたり居眠りしていたりするとすぐに指摘を受けてしっかり話を聞かなければならない。

 

講習を受けていて、消防に関する法律が変わるきっかけはたくさんある。その中でも近年は、新宿歌舞伎町の雑居ビルでの火災があまりにも大きな影響を与えていることがわかった。

 

あまりにも狭いビル、動線が一つの階段しかない。窓が塞がれていて逃げられない…

ビルの構造に問題があることは間違いない。そんなところに大量の人がいたら、間違いなく惨事が起きるのだ。

 

防火管理者講習の最後に、効果測定が実施される。話を聞いていれば解ける問題だったが、いやらしい問われ方をするのであまり舐めてかからない方がいいだろう。

 

今回は、自分のいるビルが危険なビルかどうかを見極める知識を得ることができて、自衛できるようになったことが、とても大きな収穫だと思う。

 

来月の防災管理者講習では、災害やテロに関することを学ぶことができる。これも新しい気づきがありそうなので楽しみだ。