TRIP BY TRAIN

ソフト鉄(乗る方)が書く社会派ブログです 。 時間を楽しむことが好きです。

長期政権になったら長すぎるといい、短命政権だと短すぎるといい・・・

自民党党大会で、総裁任期が連続3期9年となることが正式に決定しました。
今日のお昼から大きなニュースとして取り上げられています。
this.kiji.is

安倍首相が来年の総裁選挙に立候補できることが決まったことがニュースの趣旨です。日本のリーダーがいつ変わるか、1年先のことではあるものの国民が知る必要がある点では非常に重要なニュースです。

安倍首相が首相を続けることが常識?みたいになっている今では、安倍さんが続けるのか辞めるのかで論評されていることが多いように感じます。

2006年から毎年首相が交代した

第一次安倍政権以来6年間、毎年首相が変わりました。様々理由があったものの、リーダーシップが欠けている日本の政治状況に多くのメディアが警鐘を鳴らしていました。確かに当時の日本の政治状況はかなり混迷していたと思います。

民主党政権に変わってからも、期待とは裏腹に政争に明け暮れている状況が続きました。自民党に飽きて、民主党に期待したにもかかわらず、自民党よりもひどい状況を見て、自民党でもいいやってなったのが2012年の衆議院選挙でした。

消極的支持

2012年当時、突然安倍総裁となって衆議院選挙となりました。短命政権の時代を作った人が再登場です。まるで自分の過去にけりをつけるような登場のしかたでした。

選挙になると、急に株価は上昇し「三本の矢」から始まる景気の良い時代が始まったのでした。第一次政権の失敗を取り返すように、4年を超える期間政権を担当しています。

軟弱だと言われた人が、とても強いリーダーとなっているのです。安倍首相が仕事の仕方を変えたと思いますが、実際は、権力の維持には環境の力が大きいのだと思います。

もしかすると、国民も期待しないふりをしているのかもしれません。まるで稀勢の里横綱昇進のように。

消極的支持から始まった安倍政権ももう5年目。良くも悪くも結果を出し始めているわけですから、そろそろこれまでの仕事ぶりについて評価される選挙となるでしょう。

来年の総裁選挙や次回の衆議院選挙では、これまでの仕事の評価となると思います。その選挙で今のような勢力を維持したら、そのときこそ、これまで以上に厳しく政治を見つめ、安倍首相後の時代について考える時期が必要だと思います。

農業のIT化

朝日新聞の記事を読むとトヨタの「カイゼン」が農業分野まで広がりを見せていることがわかります。スマホを使用した農作業の効率化を目指しています。記事では改善に関する具体的な記述がなく、システムの凄さがわかりませんが、米作りにおいて改善効果があったようです。

www.asahi.com

田植えを行うとき、人の手で植えると一つの苗の定量化は難しいと思います。今回のシステムではおおよその数量を測ることができたのでしょう。苗の廃棄量を減らすことができれば、生産初期の損失を大幅に減らすことができます。
人の手によって行われる作業をなるべく定量化・平準化することで作業の効率化を図ることができる具体的な証左となる取り組みです。

茨城空港は使いやすいのか??

toyokeizai.net

1月25日にYahoo!でも出ていた茨城空港に関する記事。読んだ直後に茨城空港のホームページにアクセスしようとしても繋がらないくらいだったので、かなりの反響があったのだと思います。

この記事を読むと、茨城空港の勝機がいくつかありそうです。首都圏に位置し、努力次第ではさらなる飛躍が見込めるそうです。

ところで、茨城空港といえば、開港1年後に東日本大震災に見舞われて、屋根が落ちたり、たくさんの被害を出しました。

以下の記事は、そのときの様子を特集した、NHKの記事です。

www.nhk.or.jp

文系の学部を出て、ゼネコンで事務の仕事をしているので専門ではありませんが、天井のボードを貼る前を見ますが、確かに強くつけられているわけではありません。強い揺れで、はずれることもありそうだと思いました。

開港直後に大きな被害を受けた茨城空港ですが、徐々に本来あるべき姿に近づいてきたようです。

北関東に住んでいる人たちは、一人一台車を持っています。彼らを取り込んで、北関東の空の玄関口として飛躍してほしいです。

飛行機内のWi-Fiで航空会社提供の番組を楽しめたら…

一人ひとりがモニターを持つ時代を象徴する記事の一つです。CNNの記事に、航空会社の新しい動きについての記事がありました。

www.cnn.co.jp

スマホタブレット、モバイルPCを持っている人たちは、機内でモニターを見ずに、持ち込んだコンテンツを楽しんでいます。本を持ち込んだり、音楽を聴いたり、ゲームをしたり、寝たり…

私の場合は、本を読んでいることが多いですが、ふと航空会社が提供する番組を見たり、聞いたりしています。フルサービスの航空会社だと、ANAを利用しています。ANAの機内では、日本の魅力について様々な番組を作成したり、ラジオを聞いたりすることができます。

それぞれ魅力的ではありますが、TVについては遠くで見づらい、ラジオはどこでどの番組をやっているかよくわからなかったりと、普段使わない人にとっては、ストレスを感じさせるような構造かもしれません。

一人一台スマホを持っている時代です。機内で提供されるコンテンツもそれぞれのデバイスで楽しむ方が、良いのかもしれません。特にTV番組は、1つしかないですが、たくさんの番組を提供することができるかもしれません。さらに、ANAの場合は、CS放送を見られるようなアプリを提供しています。

新しい楽しみ方の時代、自分のこうだったらいいながものすごい勢いで実現しそうです。

年越しそばを自分で作った⁉︎

あ~じ~よ~しのそ~ば~ めされそ~おぉら~え~

去年の大河ドラマでそばがきが出てくる回が何回かありました。信州はそばの名産地で、非常に美味しいそばを食べることができます。そんな信州出身の真田信繁はそばを九度山で売っていました。

戦国時代はそばがきを食べていたようで、まだ現代のような麺は出てきていません。そばがきは人気の食べ物ではなさそうでした。

自家そば

現代はそばというと日本料理の定番で、そんなに安いものではないイメージです。そんなそばを自ら作ろうということで、年越しそば作りをしました。

私の実家では、そばを作っているため時々自家製そばを作っています。数年前までは祖母が作っていましたが、年齢により引退し代替わりで妹がそば打ちをしています。

間に親世代がいますが、なぜか妹が作っているのです。

今年はそれに便乗して私もそば打ちの一部を手伝いました。

最初の写真は、そば粉と小麦粉と水で捏ねたものです。これを作る時がもっとも重要だそうです。茹で加減で食味は調整できるようですが、ここがもっとも重要だそうです。
f:id:nkjmy-shms:20170102222148j:plain

手打ちそばなので切るのも手です。切った後がこちら。
f:id:nkjmy-shms:20170102222209j:plain

しっかりできています。
食べた時の写真がありませんが、非常に美味しくいただきました。
田舎ならではのそばです。

そばを食べようと思ったらこういったそばもオススメです。

明けましておめでとうございます

年越し

ブログをちょっとずつ初めて最初の年越しです。
例年通り、実家で紅白歌合戦を見ながらの年越しを過ごしていました。生まれてこれまでずっと実家で過ごしている年越しです。今年こそは出かけようと考えているものの、人混みが嫌いな私は外に出ずに結局テレビで楽しんでいます。

ただテレビを見ていると、多くの人が初詣や新年を祝うために街に出ているのだなと感じる次第です。

酉年

株式市場では申年と酉年は「騒ぐ」年になるそうです。私の人生的にも、申年の去年は、福岡に引っ越したり新たな価値観に触れたりと大きな変化のある1年でした。「騒ぎ」が継続すれば今年も大きな変化が引き続き起きる年だと思います。一気呵成に1年間を走り切りたいと考えています。

今年は自分の行動を通して見えてくるものにこれまで以上にフォーカスして発信していければと思います。

大相撲九州場所

福岡国際センター

九州場所は年に1度11月に開催されます。場所は、福岡国際センターです。博多の海沿いにありました。
f:id:nkjmy-shms:20161205013832j:plain
力士の名前が入った登りが色鮮やかでとても気持ちのよい風景です。
f:id:nkjmy-shms:20161205013906j:plain
地元の企業が名を連ねており、地域経済も密接に関わっていそうです。f:id:nkjmy-shms:20161205014002j:plain

大相撲はご存知の通り、年3回は東京・両国国技館で開催(1・5・9月)、3月は大阪、7月は名古屋で開催されています。

関東に住んでいるときの方が開催日数も多いため行きやすいと思いましたが、なかなか国技館だとチケットが取りにくく、タイミングよく休めないため結局行けていませんでした。

九州場所は、6回の本場所の中で一番人の入りが少ないと言われています。理由はよくわかりません笑。比較的取りやすいということで11日目のチケットを取ることができました。

大相撲の見どころはたくさんあります。神事に関することや競技としての魅力があります。ちょっと紹介します。

天皇賜杯

f:id:nkjmy-shms:20161205014014j:plain
飾り方が全然違います。かなり大きくて魅力的です。

大関

f:id:nkjmy-shms:20161205014008j:plain
優勝力士はこれでお酒を飲みます。飲むのが非常に大変そうです。

その他のトロフィー

f:id:nkjmy-shms:20161205014021j:plain
大相撲は日本の国技と言われているため、文化交流の担い手としての一面もあります。世界中の様々な国との友好の形を見ることができます。

土俵

f:id:nkjmy-shms:20161205014102j:plain
上記の写真は幕内土俵入りです。神事に由来する儀式でしょう。横綱土俵入りは西側からだったのでうまく撮れませんでした。

テレビで見るより淡々と土俵が進んでいくことがびっくりしました。NHKの演出がうまいんだなと思いました。取り組みを見ていて、幕内前半・後半では立ち合いが違うと感じました。やっぱり上位陣は強い。
f:id:nkjmy-shms:20161205014235j:plain
稀勢の里白鵬を一緒に撮ることができました。ライバルと言われる二人です。稀勢の里もなかなか横綱になれません。

私が見に行った日は、唯一鶴竜関が負けた日でした。横綱が負けると座布団が投げられる光景をよく目にしますが、九州場所ではそれを見ることができません。座布団が桟敷以外は固定されているようです。

危ないから座布団を投げない方が良いですが、雰囲気として座布団が飛び交う姿を見たかったとも思います。

相撲人気の復活

近年は、大相撲が非常に人気です。「スー女」という言葉があるくらい女性にも人気です。つい最近まで全く人気がなかったのが嘘みたいです。

私の意見では、近年のインバウンド観光の中で日本文化を感じる場所として魅力的を感じる人が増えたのではないかと感じています。また、協会の人たちがいうように、土俵が充実してきたからという指摘もあると思います。

生で見る相撲は、テレビで見るのと違い、スポーツ感が薄れた感じを受けました。神事であるということを意識することもありました。スポーツ以上の魅力を感じることができるので、ぜひ現地に行って見ることをおすすめします。